2007年02月28日

【デポジット制度】

製品価格にデポジット(預かり保証金)を上乗せして販売し、使用後の返却時にデポジットを返金する制度のことです。
使い捨てを防止し、製品や容器の回収を促進するのがねらいです。
もともとは1970年代にアメリカで空き缶税としてはじまりましたが、最近はヨーロッパで政策として導入される流れがあります。
日本では、政策ではないですが、ビール瓶やJRのICカードがデポジット制をとっています。
posted by LaBEE at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:だぢづでど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

【資源有効利用促進法】

リサイクルの促進や廃棄物の発生抑制、再使用について定めた法律です。
一般廃棄物及び産業廃棄物の約5割をカバーする10業種・69品目について、「3Rリデュースリユースリサイクル)」の推進を義務付けています。
パソコンリサイクルはこの法律に基づいて行われています。
posted by LaBEE at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:さしすせそ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

【バイオエタノール】

植物に含まれる糖を発酵・蒸留してつくるエタノールのことです。
ガソリンの代替燃料として期待されています。
原材料は、トウモロコシ、サトウキビなど、いわゆるバイオマスです。
そのためバイオマスエタノールとも言われますが、ある意味、バイオエタノール自体がバイオマスのひとつであるとも言えます。
環境省は、バイオエタノールを3%混合したガソリンの実用性を検証する実験を行うなど、実用に向けて準備を進めています。
posted by LaBEE at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ばびぶべぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

【建設リサイクル法】

建設工事で出る廃棄物の分別・リサイクルについて定めた法律です。
正式名称を「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」といい、2000年に制定されました。これにより、

・ある規模以上の建築物の解体・新築工事を請け負う事業者は、建設資材を分別・リサイクルすること
・工事の発注者や施工者は、工事の時期や工程、建設資材の種類や量を事前に都道府県知事に届け出ること

が義務付けられました。
posted by LaBEE at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

【エコリーフ】

製品の全ライフサイクルにおける環境負荷がどれぐらいなのかを表示したラベルのことです。
(社)産業環境管理協会が運営しています。
同協会が定めたLCA(ライフサイクルアセスメント)手法に基づいて、製品製造→物流→使用→廃棄→リサイクルの過程でどれだけの環境負荷があったのかを調べ、定量的に表示しています。

ちなみにエコラベルとちがうのは、基準に対する合否判定をせず、あくまで情報の開示のみというところです。

(社)産業環境管理協会
posted by LaBEE at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:あいうえお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。