2007年10月31日

【四日市ぜんそく】

昭和30年代に三重県四日市市とその周辺で発生した、大気汚染による公害病です。
石油化学コンビナートの稼動に伴い、工場からの煙による大気汚染が起き、周辺住民にぜんそくなどの肺疾患が多発しました。
原因物質は、主に硫黄酸化物だったとされています。
水俣病イタイイタイ病とともに、経済高度成長期の典型的な公害であり、日本の環境政策に大きな影響を与えました。
posted by LaBEE at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | エコワード:やゆよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

【パーフルオロオクタン酸】

発がん性が疑われる有機フッ素化合物のことで、略して「PFOA」と呼ばれます。
フッ素樹脂の加工工程など使われる化学物質です。
日本では水質基準などは定められていませんが、アメリカでは規制が始まっています。
2007年5月に大阪市の河川から高濃度で検出されたのをきっかけに、実態把握のための水質検査を行う自治体もでてきています。
posted by LaBEE at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ぱぴぷぺぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

【白化現象】

サンゴと共生する褐虫藻が、海水温上昇でサンゴの体内から逃げ出し、サンゴが白くなる現象のことです。
褐虫藻とは光合成をしている植物プランクトンですが、サンゴはこれにより栄養を補給して生きているので、白化状態が長く続くと死んでしまいます。
地球温暖化による海水温度の上昇が原因とみられています。
posted by LaBEE at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:はひふへほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

【公害国会】

1970年11月末に開かれた臨時国会(第64回国会)のことです。
公害問題について集中討議が行われ、関連法令の抜本的な整備が行われたのでこう呼ばれます。
具体的は、公害対策基本法改正案など、14法案を提出し、そのすべてが可決成立しました。
1960年代の日本は、高度経済成長に伴って水俣病などの公害が発生しており、その対策を求める世論に応えた国会になりました。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

【CO2排出係数】

CO2(二酸化炭素)発生量を把握するときの1手法で、電力を1KWh発電するときに排出するCO2を算出する係数のことです。
発電に何を使うかによってCO2排出度合いが違うので、係数はそれぞれ異なります。
CO2を多く発生する火力発電は高く、それほど発生しない原子力は低く、自然エネルギーはほぼゼロです。
一定以上の温室効果ガスを排出している事業所には、この係数を用いた排出量の算出と報告が、2006年に義務付けられました。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。