2008年06月25日

【古紙配合率】

紙の原料となる原料パルプのうち、古紙リサイクルした古紙パルプが占める割合(%)のことです。
グリーン購入法では、公的機関が購入するOA用紙の基準に古紙配合率が用いられています。
2008年初頭に、年賀はがきを初めとする古紙配合率の偽装があったことは記憶に新しいニュースです。
ちなみに、古紙配合率が1%でも再生紙ということはできますが、エコマークを取るためには70%以上の古紙配合率が必要です。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101708958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。