2008年10月11日

【ピークオイル論】

石油産出量が最大になるときの予測と、その影響についての議論や研究のことです。
石油産出量は、過去は増加の一途をたどってきましたが、いずれそれがピークに達し、その後の産出量は減少すると予測されます。
そのピークがいつになるか、どういった影響があるのか、ピークオイル論は1956年からはじまり、様々な説が出されています。

posted by LaBEE at 19:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ぱぴぷぺぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。