2008年02月01日

【キョン】

シカの一種です。
もともと中国や台湾に生息する種ですが、日本でも生息しており、日本から見れば外来種のひとつです。
生態系に影響を及ぼすとして特定外来生物に指定されています。
とくに房総半島では個体数が急増しているとみられ、農作物への被害も出ていることから、千葉県が捕獲計画の策定に乗り出しています。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

【海洋温度差発電】

海水の、表層と深層の温度差を利用する発電方法のことです。
海水の表層は、太陽の熱によって暖められて、深層より常に水温が高くなっています。
それを利用し、アンモニアなど気化しやすい物質を暖かい海水で蒸発させてタービンを回し、冷たい海水で元の状態に戻すものです。
温度差が少ないと効率が良くないので、実用上は、表層が30℃前後で深層が5〜10℃と、温度差が20℃以上あるところ(赤道付近)が対象になります。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

【国際カーボン・アクション・パートナーシップ】

温室効果ガス排出権の国際的な市場構築を目指す団体のことで、略称を「ICAP(International Carbon Action Partnership)」といいます。
2007年10月29日に結成セレモニーが開かれ話題になりました。
メンバーは、EU各国のほか、カリフォルニアなど米国・カナダの11の州政府、ニュージーランドなどです。
排出権取引制度が十分に機能するためには、まだまだ解決すべき問題がありますが、世界共通の市場ができることはプラスであり、今後の動向が注目されます。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

【家畜排せつ物法】

家畜排せつ物を適切に管理・処理し、資源として活用していくための法律です。
家畜排せつ物は、そのまま野積みされたり、河川や地下水に流入したりすると、悪臭や水質汚染など、環境問題の原因になります。
しかし、堆肥化など適切な処理を行えば資源としてリサイクルでき、バイオマスのひとつとみることができます。
そのため、畜産業者には、家畜排せつ物の処理にあたり守らねばならない基準が定められています。
正式名称を「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」といい、1999年制定の農林水産省所管の法律です。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

【化学物質ファクトシート】

PRTR法の対象となっている化学物質についての情報を、専門家でない方でもよく理解できるようにまとめたものです。
化学物質による環境リスクを削減するために、広く一般に化学物質について正しく理解してもらい、適切な化学物質管理を推進するのが目的です。
現在、2006年度版として、192物質及び物質群(209物質)についてまとめられています。

化学物質ファクトシート2006年版
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。