2008年04月25日

【ISO14064】

温室効果ガス排出量の算定・報告・検証に関する国際規格のことです。
ISO14000シリーズのひとつで、2006年に発行された比較的新しいものです。

・Part1:組織の排出量算定報告
・Part2:プロジェクトの排出削減量算定報告
・Part3:排出量検証

の3つにパッケージ化されています。
組織は、これの導入により、温室効果ガス算定及び報告の信頼性、一貫性及び透明性の向上、リスク管理などの効果が得られます。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

【GOSAT】

温室効果ガス観測技術衛星(Greenhouse Gases Observing Satellite)の略称です。
京都議定書を受け、世界気象機関(WMO)国連環境計画(UNEP)によって「全球気候観測システム(GCOS)」が提案され、各国も地上・海洋・宇宙での観測を一段と強化する流れになっています。
GOSATはこの流れに貢献するためのもので、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と環境省と国立環境研究所の共同プロジェクトで現在開発中です。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

【ENEX】

「地球環境とエネルギーの調和展」というイベントの略称です。
財団法人省エネルギーセンターが主催で、省エネルギー・新エネルギーについての展示やイベントが行われます。
2008年は第32回の開催となり、東京と大阪に分けて2回行われます。
東京会場は1月30日(水)〜2月1日(金) 、大阪会場は2月21日(木)〜2月23日(土)でした。

ENEX2008
    
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

【ISO22000】

ISO(国際標準化機構)の、食品安全マネジメントの規格です。
以前からあった「ISO9000シリーズ」(品質管理マネジメント)と、アメリカ生まれの食品安全手法の「HACCP」と、両方の概念を併せ持つ内容になっています。
2005年にできた比較的新しい規格ですが、食に関しては、生産・流通だけでなく、鳥インフルエンザなど食の問題もグローバル化の傾向があるため、認証取得業者が増えています。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

【AIB】

アメリカで一般的となっている食品工場の監査方法です。
AIBとは「American Institute of Baking」の頭文字で、「米国製パン研究所」の略称でもあります。
その監査ポイントには、

・食品安全プログラムの妥当性
・有害生物防除
・作業方法と従業員規範
・食品安全のためのメンテナンス
・清掃活動

があり、それぞれ達成度を点数化し4段階で評価します。
約80カ国、一万社に普及しており、日本でも食の安全が問題になる中、注目されています。

posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。