2008年07月18日

【ESD】

「持続可能な開発のための教育」のことで、それを表す英語「Education for Sustainable Development」の頭文字です。
とくに国連のキャンペーン「国連持続可能な開発のための教育の10年」をさし、これは、持続可能な開発の実現に必要な教育への取り組みと国際協力を、積極的に推進するよう各国政府に働きかけるもので、2002年のヨハネスブルグサミットで提案され、国連総会で決議されたものです。
ここでいう10年とは、2005年〜2014年をさしています。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:ABC・・・Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

【フレックス車】

エタノールとガソリンの混合燃料(フレックス燃料)に対応した車のことです。
燃料タンクに装備されたセンサーによって混合割合が感知され、最適の燃焼状態になるよう車の噴射機にその情報が自動的に伝えられるようになっているので、ガソリンとエタノールをどの程度の割合で混入しても問題ありません。
その時々で安い燃料を使用できる「燃料選択の自由」があることが、消費者にも受け入れられやすいポイントです。
ブラジルではフレックス車が新車販売の8割以上を占めています。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:はひふへほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

【エコ箸】

洗って何度も使う箸のことで、昔からいうところの、割り箸に対する「洗い箸」のことです。
今まで割り箸を使っていた外食産業で、環境配慮目的で洗い箸に切り替えるところが増えてきており、そのPRのときなどに「エコ箸」という言葉が良く使われます。
なお、間伐材の利用は森林保護につながるため、割り箸を止めると環境負荷が減るかどうかには議論の余地があるようです。
ちなみに「マイ箸」は「個人が携帯するエコ箸」と言えます。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:あいうえお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

【米粉】

米(コメ)を製粉したもので、小麦を製粉したものを小麦粉というのと同じです。
せんべいや団子の材料として以前から使われていましたが、従来小麦で作られてきたパンや麺などの材料として使われることが増えてきました。
小麦価格高騰を受けて、農林水産省も増産支援に乗り出す見通しです。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

【仮想水】

農産物の輸出入にあたって、その農産物の生産に要した水が売買されていると見なして捉えたものです。
例えば、日本は食料自給率が低く世界最大規模の農産物輸入国なので、大量の仮想水を輸入して自国の水資源を節約していることになります。
世界的に水不足が深刻な問題となる中で、仮想水の移動の不均衡というのは潜在的な問題をはらんでいると言われています。
posted by LaBEE at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エコワード:かきくけこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。